アートは
お金ではかれるか。

誰それのアート作品が数十億円の高額で落札されたとか、生前は全く評価されていなかったアーティストの作品が目の飛び出るような高額にまで上りつめたとか。アートを巡って取り沙汰されるお金の話は少なくない。でもアートの価値って誰が決めるの? 人の作品にお金を払うってどういうこと? 編集者・牧信太郎さんとデザイナー・小田雄太さんの対話から考えます。

「アート作品を買ったことのある人?」という小田さんの問いに、手を挙げた学生は1人、2人とごくわずか。「ではpixivFANBOXやnoteなどで課金をしたことがある人?」という問いには、ぐっと増えて1/3ほどの学生の手が挙がる。後者が現代ならではの動きではあるものの、どちらもアート、人が作ったものを買う行為という意味では同じだと小田さんは言う。「まずは従来の意味でのアートとその価値形成の話から始めましょうか」

アートの価値はどのように決まってきたものなのか。牧さんがきれいに色分けされた図を示す。

「アート作品には、文化的な価値と商業的な価値という二つの価値があります。文化的価値は美術館・芸術祭・アートメディアやアートアワードといった機関が、美術史に則って決めるもの。それぞれの機関の中にキュレーター、ディレクター、批評家といったプレイヤーが含まれます。彼らが、その作家や作品が美術史という大きな流れの中のどこにあるか、どんな意味を持つかを位置づけしていくのです。一方、商業的価値を担う機関はギャラリー、アートフェア、オークションといったもの。こちらの価値はアートマーケットという市場の原理で決まります。両者は相互に連関し合いますが、基本的には、価値が定まる最初の時点では、文化的価値が先行します。文化的価値が認められたことによって、商業的価値も上がるというわけです。商業的価値の決定に市場以外の機関やプレイヤーによる評価が必要なこと、これはアートのとても特殊で、いい点だと僕は思います。」

興味深いのは、この図において、アーティストは蚊帳の外にいること。だが、確信犯的にこの複雑な構図の中に自らも入っていくアーティストも出現しているという。
「最近ネットニュースなどでも話題になりましたが、イギリス人アーティストであるバンクシーが、世界トップのオークションハウス、サザビーズでオークションにかけられた自分の作品に仕掛けをしておいて、落札された途端にシュレッダーでばらばらに切り刻んだんです。普通ならば、作品を切り刻めば価値は無になるところです。ところがこの事件は、オークションハウスで新たな作品が作られた美術史上初めての出来事だ、なんていうコメントもあったほどで、作品の価値もそれを成し遂げたバンクシーの評価も高めることになった。アーティスト自身が、商業的価値、文化的価値双方の機関やプレイヤーを巻き込んで二つの価値を高めた例ですね」

価値を決める機関やそのプレイヤーがはっきりと区分けされたアート業界。コミュニケーションが多様化・複雑化する現代の目から見れば、どこか閉鎖的な側面があるようにも見えなくない。

「これまでの業界はもちろん確固としてある一方で、価値形成を透明化したり、民主化したりする動きも見られるようになってきました」と小田さんは話す。
「国内のプラットフォームでいうと、アーティストの創作活動を毎月の課金=ドネーションで支えるpixivFANBOXはその一つです。同様のサービスで、先行する2013年にアメリカで始まったPatreonは、200万人以上のユーザーが約10万人のアーティストをサポートしていて、現在までのドネーション実績は約275億円になるといいます。広義ではアーティストに投資する人口を増やしているけれど、まだその投資のリターンが“お礼”のようなものであり、未熟な点も多い。将来的にこれらの新しいタイプのプラットフォーム自体がより整備されたり、そこから大作家が生まれたりしたら、大きな価値の転換がありうるかもしれませんね」
講師プロフィール
牧 信太郎(まき しんたろう)
編集者。1978年京都市生まれ。横浜国立大学卒業。アートや現代写真の分野を中心に編集を手がける。『美術手帖』コントリビューティング・エディター。
小田 雄太(おだ ゆうた)
デザイナー、アートディレクター。多摩美術大学GD科卒業。アートユニット明和電機宣伝部等を経て2011年COMPOUND inc.設立。主な仕事にCOMME des GARÇONS「noir kei ninomiya」デザインワークなど。
トップに戻るBack to Top